デジタル写真プリント・フォトブックの総合サービス:フジフォトアルバム https://fujiphoto.co.jp/

選べる6サイズ。お好みのレイアウトでオリジナルアルバムが作れます!
Fuji Photo Albumフジフォトアルバム

編集ツールの使い方

編集用ツールの概要

配置した画像やテキストに対する編集は、編集画面右側に配置されている編集用のツールを使って行ないます。
「基本ツール」は機能を呼び出して使い、「編集ツール」はダイレクトに指定出来ます。

編集画面左上の「レイアウト」ツールを使って、ページごとのレイアウトを指定出来ます。

【ご注意】
「画像」と「テキスト」では、利用できる編集ツールに違いがあります。上記の図内の説明でご確認ください。

1.レイアウトの適用

編集画面にレイアウトを指定する際は、はじめに、左右どちらのページに適用するかをチェックしてからご指定ください。

あらかじめ写真が配置されているページに定型レイアウトを指定しますと、配置されていた写真は、編集画面から削除されます。

編集画面左上の「レイアウト」ツールを使って、ページごとのレイアウトを指定出来ます。

定型レイアウトページでは、テキストを配置出来ません。文字を配置したい場合は、写真の配置を済ませた後に、テキストを配置したいページに対して「レイアウト無し」を適用してください。フリーレイアウト状態となり、テキストを配置することが出来るようになります。

2. 編集画面内での基本操作

編集画面内では、基本的にマウスを使って操作します。

編集画面内の基本操作

キーボードなどのカーソルキーでの操作はできませんのでご了承ください。

写真が選択されますと、青い枠が現れます。「回転」や「ぼかし」、「影」や「楕円」などの加工は、あらかじめ写真を選択してから指示してください。

「位置」ボタンを使って画像やテキストの位置調整を行なった後に、スナップ「ON」の状態で画像やテキストをクリックしますと、その画像・テキストに対するスナップが改めて「有効」となり、近くのグリッドに改めてスナップいたしますのでご注意ください。

※スナップによる配置だけで画像やテキストの配置を行なわず、位置ボタンを使って微妙な位置調整を行なわれる場合は、スナップ機能を「OFF」にしてご利用いただくことをお勧めいたします。

【ご注意】
編集ツールはAdobe Flashをベースに構築されていますので、マウスの右クリックによるFlash機能の呼び出し等は決して行なわないでください。また、アルバムを編集なさっている間は、「画面の再読み込み(リロード)」や「戻る」の機能はお使いにならないでください。編集中の画面がすべてリセットされ、初期状態に戻ってしまいます。

3. 写真やテキストを整列させる方法

整列機能は、写真及びテキストに対して使うことが出来ます。

編集画面左中央の「整列」ツールを使うと、写真やテキストの位置を揃えることが出来ます。

左:選択した複数の写真を、最も「左」の写真に合わせて整列

右:選択した複数の写真を、最も「右」の写真に合わせて整列

上:選択した複数の写真を、最も「上」の写真に合わせて整列

下:選択した複数の写真を、最も「下」の写真に合わせて整列

横中央:選択した複数の写真を、選択範囲の横方向中央に整列

 ※水平方向に並んでいる写真に適用すると、一つに重なってしまいます。

縦中央:選択した複数の写真を、選択範囲の縦方向中央に整列

 ※垂直方向に並んでいる写真に適用すると、一つに重なってしまいます。

4. 写真のサイズを揃える

サイズ揃えツールで写真のサイズを揃えることが出来ます。

「サイズ揃え」ツールは、写真の幅や高さを揃えるときに使います。

4-2.スナップ機能

基本ツールの「スナップ」で、配置画像及びテキストのスナップ(吸着)を設定出来ます。
グリッドへスナップ機能を使うと、画像やテキストを簡単に揃えるて配置することが出来ます。

スナップ機能の説明

「グリッドへスナップ」が「ON」の時、画像・テキストは次のようにスナップします。
・グリッドへは、左上を起点にスナップ
・編集エリアの中央ラインに対しては、左右どちらもスナップ
・編集エリアの濃いグレーの外側にスナップ
・編集エリアの薄いグレーの端にスナップ
・表紙編集エリアでは、薄いグレーの端のみにスナップ

【ご注意】
スナップ機能は、画像やテキストの配置の配置や揃えの補助として実装しています。画面中央など、印刷時の厳密な位置を保証するものではありません。予めご了承ください。

グリッドの間隔は、2mm単位で4mmから50mmの範囲で指定出来ます。

※スナップした状態から「位置」ボタンによる位置の調整は可能です。ただし、位置調整を行なった後に、スナップ「ON」の状態で画像やテキストをクリックしますと、その画像・テキストに対するスナップが「有効」となり、近くのグリッドに改めてスナップいたしますのでご注意ください。

※スナップによる配置だけで画像やテキストの配置を行なわれない場合(微妙な位置調整を行なわれる場合)は、スナップ機能を「OFF」にしてご利用いただくことをお勧めいたします。

※「グリッドへスナップ」の「ON・OFF」は全ページに対して適用されます。
※スナップの「ON・OFF」の繰り返しなどにより、グレー部分などへのスナップが有効にならなくなるようなことが起こりましたら、グリッドサイズを変更してみてください。

5. 拡大・縮小とトリミング

配置した写真は、マウスを使って「拡大・縮小」及び「トリミング」加工が出来ます。

画像の加工(拡大・縮小、及びトリミング)の方法

拡大・縮小には、システム上の制約があります。

縮小:一定サイズ以下には小さくなりません。

拡大:原寸の約2倍相当まで拡大できます。

トリミングした後、中の写真を移動したい場合は、Ctrlキーを押しながら写真をドラッグすると移動します。

5-2. 楕円エフェクトについて

エフェクトツールの「楕円」機能を使って、画像に楕円のエフェクト(加工)を加えることが出来ます。
画像に楕円エフェクトを掛けた上で、「ぼかし」・「影」といった他のエフェクトを同時に掛けることも出来ます。
また、「トリミング」・「拡大」・「縮小」といった加工を施すことも出来ます。

楕円エフェクトの説明

5-3. 回転機能ついて

回転機能の「左・右」を使って、画像に5度単位の回転を指定出来ます。

楕円エフェクトの説明

編集エリア内で画像を回転させる際、画像の一部が編集エリアの端に接してしまう場合に「ページ範囲外に出てしまうため、回転できません。」というメッセージが現れます。この場合は、編集エリアの広い場所で回転させてからご希望の場所に配置する、などご対策ください。

6. テキストを配置する

「テキストを追加」ツールを使って、テキストを配置出来ます。

テキスト追加の手順

編集画面内にテキストを配置したい時は、直前に「テキストを追加」ボタンをクリックしてください。

配置したテキストは、マウスでクリックして選択状態にすれば、再度、フォントやサイズ、カラーを変更することが出来ます。

※テキスト入力に関するご注意点
編集ツールが使用しております「Adobe Flash」に存在するバグの影響で、入力した文字列の最後の文字の右端が印刷時に切れてしまうという症状が起こり得ますので、編集時にご注意ください。
これは、Flash内部でのテキストフィールドのサイズが「最後の文字のカーソル位置まで」として扱われることによるものです。このバグの影響を受ける可能性がありますのは、「斜体文字」や、デザイン色の強い文字となります。※特に、欧文書体には斜体にデザインされた文字が多くありますのでご注意ください。
テキストボックス内にカーソルを置いて最後の文字の右側にカーソルを移動させた際、点滅するカーソルが文字に掛かっているようでしたら、最後の文字の後ろに「スペース」を入れるようになさってください。
(テキストボックス内をダブルクリックしますと、ボックス内にカーソルを置くことが出来ます)
お客様にはお手数をお掛けいたしますが、ご注意の程、よろしくお願い申し上げます。

7. 背景を指定する

「背景」ツールを使うと、背景として「カラー」「テクスチャ」「画像」をそれぞれ指定することが出来ます。

背景の指定

8. 写真配置の注意

コーナー部分近くに写真やテキストを配置する際は、写真や文字が切れてしまわないよう、グレー部分から余裕を持って配置してください。

写真を配置する際の注意事項

文字や写真を、グレーエリアぎりぎりに配置した場合、製本・断裁によって一部が切れてしまう可能性があります。

特に、文字は切れてしまうことがないよう、余裕を持って配置なさってください。

【ご案内】
スナップ機能がONの場合、濃いグレーの外側に画像がスナップしますが、断ち落しで仕上げたい場合には、位置調整ツールを使って少し薄いグレー部分に画像が飛び出るように調整なさることをお勧めいたします。

9. 見開きを一枚でプリントします

2ページ分を一枚の印画紙に印刷しますので、大伸ばしでのプリントや、中央部分を使ったレイアウトも楽しんでいただけます。

上製本仕上げですので、どのページも平らに開くことが出来ます。

見開き2ページ分が一枚の印画紙にプリントされます

※見開きの中央部分には、折り加工用の筋が入ります。

10.保存・復元機能

編集途中の状態を保存したり、予め保存しておいたファイルから編集を再開することが出来ます。

保存・復元機能を利用する場合は、編集画面右上の「作業データ保存/復元」ボタンを押して利用出来ます。

【ご注意】
保存するファイルが100MBを越える場合は、ファイルは100MB未満に分割されて保存されます。保存時に「ファイル名を変更しないでください」と案内されますので、ファイル名は変えずに保存なさってください。保存した場所は忘れずに控えるようになさってください。

保存及び復元機能説明

■保存機能について

保存は、弊社システム専用形式のファイルとして保存されます。保存出来るのは、「保存時の編集状態」と、「読み込ませた全ての画像」ないしは「編集エリア及び背景画像として使用した画像のみ」の何れかを指定して保存出来ます。
保存ファイルは、100MB未満に分割されて保存されます。

保存できるファイルサイズは、お客様のパソコンのメモリ環境やCPU能力などにより異なります。高画素の画像を多数配置した場合などは、メモリ不足で保存が行えない場合もあります。予めご了承ください。
保存出来なかった際は、「保存データ作成に失敗しました」というメッセージが現れます。その際は、編集エリアに配置してある画像をいくらか削除するか、配置する画像を予め適当なサイズにリサイズするなどしてファイルサイズを小さくした上で、再度保存をお試しください。

【ご注意】
編集中の状態を保存する場合は、最後まで編集してから保存するよりも、ある程度編集したらその都度保存して置かれることをお勧めいたします。

※100MB以上のファイルを復元した際は、編集状態や配置画像を一通り確認してから編集を続けるようになさってください。万が一保存されなかった画像等がありましたら、改めて配置し直してください。

専用ファイル形式は、拡張子が「fpa」になります。ファイルを保存する場所や名前は、忘れないようにご注意ください。

【参考情報】

保存時には、システムに読み込ませた画像を元の品質(ファイルサイズ)のまま保存いたします。編集画面内で実寸ないしは拡大して利用する予定の画像以外は、リサイズするなどしてファイルサイズを小さくしてから読み込ませるようになさると、保存時にファイルサイズを膨らませずに済みます。

 

■復元機能について

予め、本システムで保存したデータがある場合、そのファイルを指定して編集を再開することが出来ます。(本システムで保存したファイルは拡張子が「fpa」となっております。)

【ご注意】
2013年4月25日にシステムのバージョンアップを行ないましたため、2013年4月25日以前に保存した保存データは復元出来なくなりました。旧バージョンの保存データで編集を行なうためのご案内は、本ホームページの「フォトアルバムを作る」ページのご案内をご確認ください。

編集画面内の「復元」を使って復元しますと、その時点で編集していた状態は破棄されますので、必要に応じて、予め作業状態を保存するなどしてから復元してください。

復元で使用出来るファイルは、弊社システムで保存した専用形式のファイルのみとなります。保存時に複数のファイルに分割して保存した場合は、分割された全てのファイルを選択して復元してください。復元すると、「保存時の編集状態」と、保存時に指定した「読み込ませた全ての画像」ないしは「編集エリア及び背景画像として使用した画像のみ」の何れかが復元された状態で編集画面が開きます。新たにフォトアルバム編集エリアに配置したい画像は、改めて素材画像エリアに追加してご利用ください。

復元するファイルを指定すると、「仕様確認」画面が開き、そのファイルの仕様情報が表示されますので、復元したいファイルであることをご確認の上「復元」ボタンを押して復元してください。

【ご注意】
アルバムのサイズやエンドシートなどの基本仕様は保存時の仕様が引き継がれますので変更は出来ません。

復元時した後は、編集状態と配置画像などを一通りご確認ください。

保存データを何らかの方法で変更・改変・加工して復元された場合、ファイルサイズが動作保証範囲内であっても、正常な仕上りの保証、及び、対応・対策等のサポートは致しかねます。予めご了承ください。

11. 表紙の編集

表紙のレイアウトも自由に行えます。

レイアウトの際は、背表紙のタイトルフォントや、「ノド」部分への写真の配置などに注意して編集してください。

表紙を自由に編集できます。

※「ノド」部分は、「ミゾ」または「イチョウ」とも言われます。

 この部分に写真や文字を配置することも出来ますが、表紙を開きやすくするため、少し凹んでいますので、特に文字はきれいに見えないことがありますので、文字を配置する際はご注意ください。

※ノドや背のギリギリに写真や文字を配置した場合、仕上がり時に少しずれてしまうことがあります。配置の際にご注意ください。

※ノド部分に画像や色を配置した場合、仕上がった商品のノド部分に空気が入ったようになる場合がございます。ノドに画像や色を配置なさる場合はご注意ください。

表紙を自由に編集できます。

※本文での写真配置と同様に、表紙に写真や文字を配置する際も、巻き込み部分やノド、背の境界ギリギリに写真や文字を配置なさらないようご注意ください。製本時には若干のずれが生じますので、ミリ単位の厳密な仕上がりはお引き受け出来ません。予めご了承ください。

12. 補足事項

編集ツールの操作に関しての補足情報です。

編集画面の機能補足

※素材写真に追加した写真を、素材写真右上の×印をクリックして削除しても、お客様のパソコン内から写真を削除する訳ではありません。システムの読込みを解除するだけです。

※「写真を追加」で写真データをシステムに読み込ませている間は、配置等の操作は行なわないでください。動作が不安定になることがあります。ご注意ください。

※見開きページに対して、「背景画像」のみを適用した状態で「ページ確定」を行ないますと、「ページが空白です・・」という確認画面が現れます。編集エリアに配置されたコンテンツが無い場合の動作ですので、問題が無ければ「OK」を押してページを確定させてください。